ハイゼット・コペンのススメ

2017年2月28日発売のこの『ダイハツ コペン No.6 (ハイパーレブ vol.216)』でも少しだけページを担当しました。

私はコペンの本は2007年から6冊(DVD含む)も刊行してきたコペニスト(コペン愛好家のことを世間ではこう……呼ばない。今考えた)なので「もはや取材に行かなくても書けるわ!」だと思っていたのですが、違いました。

というのもこれまで巷で「これは本当にあの可愛かったコペンなのか。タントカスタム・スラッシュの間違いではないのか」の2代目コペンことローブが「おや、意外にいいのでは?」と見直されたり「本当は初代が欲しいけど、鬼のように中古が高いんで」といったあたりの層に受けてミニブレイクするなど、現行モデルの状況が変わってました。

で、よく市場を見たら新作パーツがけっこう出ているんですねー。

というわけで取材と同時に2代目コペンちゃんの勉強にもなったというわけでした。

ところでその2代目コペンですが、目標の8400台/年に対して2016年の販売台数は5152台と、健闘はしているけどもう一声な感じ。

そこでダイハツさんにご提案。販売がブレイクしなかったウェイクをベースに、ハイゼット・キャディーという4ナンバー商用車を追加してそこそこさばけているみたいじゃないですか。

ならばコペンも電動トップ格納機構とメタル屋根は全部削除して簡易幌のみ搭載し、空いたスペースを荷台として使うコペン・マーボー』を追加しましょう! これなら従来のコペンでは搭載不可能な長尺ものも積めます。

車名の由来はもちろんこのクルマから。

それに電動トップまわりをオミットすれば余裕で100kgくらい車重が軽くなるのでは? そうしたら運動性も大幅アップで言うことなしです。
というわけで是非!

(ほら、簡単に外装は外せるんでしょ? だったらトラック化も楽勝では……?)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする